Wednesday, April 23, 2014

シアターの向日葵

卒業公演、良かったです。
言葉では表現できないところも多々ありますが、自分なりに整理してまとめてみます。
長くなりそうなんで、いくつかの記事に分けますね。
◇◆◇◆◇
そもそも、みちゃの出演する公演を未だかつて見たことがなかった私にとって、今日の公演は楽しみでもありました。
そういった期待と卒業に対する切なさを抱きつつ劇場に到着、即発券しました。
そして向かったのはトイレ。
友達との兼ね合いで、昼に中本を食べましてですね、どうもその後遺症も抱いてしまったっぽいです。
公演前に出せるもん出しただけでもマシな方だったのかもしれないです。
公演中に下からピーヒャラピーヒャラ(©大家さん)してたかもと考えるとゾッとします。
閑話休題。
偶然、発券の順番の関係で「今日でヲタ卒する」だいちゃんと連番することになりましてね、知らない人だらけ(基本在宅なので)の会場でなんとか生存することが出来ましたw
ネット上では絡ませて頂いてても、現実世界ではお会いした事がない人多いですしね。
そして会場では、卒業企画を担っている方からサイリウムと説明書とノベルティを頂きました。
こんな感じ。[後日写真貼ります]
この野球カードってのはなかなか良いなぁって思いました。(こなみ)
卒業企画、自分も担ってみたかったんですけどね、まぁ今回は(も)諸事情で縁がなかったです。
そんなこんなしてたら、入場が始まり、抽選も始まりました。
結果、いい順じゃなかったですねぇ。
立見最前は確保しましたが、端でした。
そしてこれが後に悲劇を生もうとは。
◇◆◇◆◇
そして待ちに待った公演が始まってしまいます。
初日の掛け声の時点で既に涙ぐむみちゃ。
みちゃえるヘアで統一されたメンバー。
メンバーとじゃれあうみちゃ。
自己紹介MCで泣き出すメンバー。(加藤玲奈さんは凄かったね)
前半を思い出すだけでも枚挙に暇がありません。
みちゃがメンバーを愛し、
メンバーがみちゃを愛すること。
みちゃが劇場を愛し、
AKB48を愛すること。
みちゃがファンを愛し、
ファンがみちゃを愛すること。
そんな一面が見えた気がしました。
個人的な話をさせて頂くと、
君のことが好きだからでみちゃにレスを頂いた(などと勘違いをしている)こと、一生忘れません。
そして、ユニット曲になります。
【次回へ続く】

No comments:

Post a Comment