Saturday, September 27, 2014

書く、奏でる。


前回のブログ更新ツイートが、南野先生本人、そしていつもタイムラインで拝見させていただく方にRTされるという事態に。
ブログ読みました!とかいう声もフォロワーの方々から伺い、大変調子に乗っております。

冷静丁寧正確に考えて、かのお忙しい南野先生がこのブログの内容まで見られてるとは到底思いませんが、もし仮に見られていた場合を考えると、あの軽佻浮薄な書評には恥ずかしさを感じざるを得ません。「軽佻浮薄」みたいな難しい言葉を使っても中身がなければ意味はないわけですよ。空き時間見つけて憲法もう一回勉強しなきゃ。


◇◆◇◆◇


さてさて、本日私は私用で渋谷まで出かけておりました。

私用が終わり、そういえばなちゅが書道展やってたよな~ということをふと思い出しました。
個人的にも、小学校と高校の時に多少書道をかじっていたので、どんなもんかな?と気になり行ってみることに。
どうやら本日が最終日だったらしく、運が良かった。

普通のカフェに展示してある感じでした。
「うん?ここであってるの?」と挙動不審になりながら店内へ。
店員さんに、作品を見るだけですが大丈夫ですか…?と聞くと快諾してくれました。

入口はこんな感じ。ビルの二階だから狭かったw

中の写真はあんまり撮れなかったです。
カフェでゆっくり飲食されてるお客さんもいたので、さすがになと。

作品の完成度は、予想をはるかに上回ってました!!
多くの作品がありましたが、紙以外の媒体に書いているものは特に興味深かったです。

ただ、上述の通り、カフェのに展示してあり、かつ中には普通に飲食されているお客さんがいらっしゃり、そして通路をうろちょろしてると店員さんの邪魔になる関係で、あまり長々と作品を鑑賞することまではできませんでした。

カフェで飲食すればよかったんですけどね~。
生憎ここに来る前にすでにカフェで飲食してたこととか、ぼっちで来てたこともあったんで何か注文して長居しようとも思わず。
結局ほんの2~3分で全体をさらっと見て帰った感じです。
芸術作品なんだからもっとゆったり見たかったな~とは思いました。残念。


◇◆◇◆◇


他に書道のうまい48関連の方というとここら辺が有名どこでしょうか?

例えば元メンバーになりますが、萌乃さん
TEPPENにも出てたし、AKBINGOの企画でもいいとこ言ってましたよね?確か。
ハンコとかも作ってたし基本的に器用なんでしょうね。
書道をするときに、篆刻って必要になるんですが、(ハンコみたいなやつ)基本的に自分の篆刻は自分で作るんです。
あの、まあ、ボクは不器用すぎて最終的に指導していただいた先生にほとんどの作業を投げたんですが←

そして、この方を忘れちゃいかんです。佐藤実絵子さん
この方もすごく器用。
左の作品はいわゆる臨書ってやつで、昔の書家の作品を模写するようなものなのですが、すごく整っててうまいなーって思います。
自分の昔の作品見返して比較してみると、自分の下手さに自分が恥ずかしくなります。まさにかたはらいたしってやつです。
そういえば美術部が展覧会やってた時は、オリジナルの作品出してましたよね。ラムネの飲み方の歌詞を書いたものだったっけ?(記憶喪失)
シンガーソングライターで、かつその詩を歌以外の形でもアピールできるこの才能、本当にすごいと思うんですよね~。
うらやましい。


ここから先は、オンデマのコメントとか見て、字が上手いな~と思った人をピックアップ。



①15期研究生の飯野さん。

丁寧に書いてますよね。
そして字のバランスがうまいなーって思います。

②なーな

ところどころ見えるひらがなのきれいさ。
私はひらがなが圧倒的苦手なんでうらやましい。




③こまりこ

筆ペンですね。
ペン習字を習ってたのかな?それとも自信の現れかな?w
個人的には「麻」が好きだなー。




④すーめろ

正統派の綺麗さ。
字も顔もw整ってる





⑤われらがのなかみさとさん。

ギャル系の字も書くし、こういうきれいな字も書けるという二刀流には大谷もびっくり。


こういうオンデマの感想とか見てると字の丁寧さ、(技術的な)上手さ、綺麗さ、が露骨に出て面白いなーとおもいます。性格と照らし合わせたりすると面白いもんです。

まだSKEとかNMBとかHKTとか字を見たことの無い人も多いんで、是非今度調べてみたいなーと思います。もしおすすめの人と書いたら教えてください!


◇◆◇◆◇


書道はかろうじてかじっているけれど、音楽に関しては全く上手さ下手さがわかりませんw

そうです、咲子さん、おつかれさまでした。
TEPPENがあってましたね。あと1点差で惜しくも王座防衛ならず。
改めて緊張に勝つのって難しいんだなーとは思いました。

自分自身は最近でこそこんなに緊迫感のある状況に出くわしたことはないですが、中学高校時代の部活動で、吐きそうになるほどの緊張と闘ったのを覚えています。
頭が真っ白になって自分がやるべきことが出来なかったこととか、単純かつ重大なミスを起こしてしまう、などいろいろやらかしたなーって思い返すと緊張に負けた苦い思い出がわんさか。

そんななか細かいミスはあれど大きなミスなく自分の力を出せた咲子さんは改めてすごい!
コンサートとか新公演とかでもっとピアノという武器を使ってくれるようにしてくれたらいいのになーって思います。あとはピアノのCD、2枚目かな?

いずれにしたって咲子さんのこれからの活躍を祈るばかり。

たまには咲子推し感をだしてみましたw
ではでは。


No comments:

Post a Comment