Saturday, September 5, 2015

豊スタ→神宮1泊2日の旅 2日目

前回の続きでございます。

1日目は豊田スタジアムで松井玲奈卒業コンサートを見て、その後名古屋に宿泊しました。
2日目は名古屋から東京に戻り、神宮球場へ向かうこととなります。





前日1時過ぎまで飲んでいて、就寝したのも2時頃でした。
かなり疲れてるし、チェックアウトも12時に設定しているし、ゆっくり起きよう。と思っていた割に、8時半あたりには起きていました。

新幹線の時刻は13時26分。
かなり時間があるので、どうやって時間を過ごそうかと思案します。

おなかも減っていたので、コメダでモーニングして、SKEカフェ&ショップで昨日買えなかった宮前杏実生誕Tシャツ買って、昨日定休日だったうま屋行って、後は余った時間は適当に暇つぶせばいいか~なんて考えます。

で、早々にチェックアウトして、ホテルの近くのコメダを探していったのですが、
店がない。
スマホにはここに店があるよと表示されているはずなのに、
店がない。

結局カフェ&ショップ先に行っちゃおう、という話になります。

カフェ&ショップに着いたのはだいたい10時10分。開店50分前です。
しかし既に長い長い行列が。

カフェ&ショップのある5階から行列は始まり、3階のツタヤの店内を一周し、ツタヤに入るエスカレーターを通り、サンシャイン栄前の大通りまで行列が伸びていました。

おいおい、今日は平日だぞ。(盛大なブーメラン)

その日は松井玲奈の最後の劇場公演で、地下1階でパブリックビューイングをするということもあり、公演が始まるまで暇つぶしをしようという人もいたようです。
また、私たちのように生誕Tを買おうとするも昨日混んでいたので今日来たという人もいたようですし、カフェのイベント目的で来た人もいたようですし、単純に豊スタ帰りに観光・お土産目的で寄った人もいたようです。

文句を言っても仕方がないので並びます。
開店時間になってもなかなか動きません。

カフェに行きたい人もショップに行きたい人も並んでいるわけですからそりゃ当然です。
ましてカフェはそんなに定員多くないですし、1時間は居れるわけですから。

結局2時間くらい待った後で、本格的な列整理が始まりだします。
カフェ利用の方に整理券を配りだしてからはスムーズに動き出しました。
非常階段の下の方に入ってそこから上に登っていく感じ。

とはいうものの5Fについたころにはもう12時55分。
満開さんには不測の事態に備えて先に名駅のほうへ行っていただきました。

13時00分に入店できましたが、既に新幹線の時間まであと26分。

速攻でレジに並び生誕Tシャツを購入、(13時02分)
全力ダッシュで栄駅まで行き、(13時06分)
名駅で満開さんと合流し、(13時15分)、
急いで駅弁とお土産を買い、(13時22分)
なんとかぎりぎり新幹線に飛び乗ることが出来ました。(13時26分)
結局うま屋には行けませんでした。
ツイッター情報によれば、うま屋も豊スタ特需でめちゃくちゃ混んでたらしいですね。
ヲタクって考えること一緒すぎる。



そしてあっという間に東京駅に到着し、神宮球場へ向かいます。
持つサイリウムの色は変わりませんが(宮前さんの推しサイも紫)、頭を切り替えていきます。
しゃこんぬさんとまさしくんも合流して4人で見ることに。

なんと神宮でもアリーナ席。
今度は豊スタよりももっと近いA7ブロックです。
ち、近すぎる…!

\アメイジング/

寮時代の後輩も数人来ていたようで、久しぶりに直接話すことが出来ました。
特にそのうちの一人は僕に乃木坂を指導してくれた恩師なのです。
昨年の神宮での全国ツアーに誘ってくれたのも彼ですし、彼がいなかったら乃木坂の現場に行くことはなかっただろうなと思ってます。

全国ツアーの千秋楽。
小雨の降る中、はじまります。



セットリストはこちらで。

印象に残ったメンバーは、
ひめたん、まりっか(ここらへんは去年と共通してますが)
若月、あしゅ、伊織、琴子、みおな、日奈子。

みんな良かったんですけどね~
特に近くで見られたり、特に笑顔にやられたのがこういったメンバーでした。
うん、超かわいい。

実は聞いたことない曲も数曲ありました。
からあげ姉妹のコール面白いですねw
あれしっかり覚えてきちんと言えたら超楽しいだろうなぁなんて思いながら聞いてました。

初森ベマーズの演出。
評判はあまりよくないとのうわさはちらっと聞いてはいました。
でも個人的には嫌いじゃないです。
確かに盛り上がってノリノリになれる企画かと言えばそうではないですが、野球(ソフトボール)のユニフォームを着ながら踊ってる姿はなかなか見られないですし、生でバッティングフォーム見れたり、ピッチングフォーム見れたりするのは一野球(ソフトボール)ファンとしては面白かったです。

そしてここではサイン入りTシャツと、サインボールが客席に投げ入れられていました。
最初すぐ近くにTシャツが投げ入れられたもので、わ~惜しいな~なんて思ってました。
そしてサインボールが投げ入れられたものの中々近くに飛んでこない。
今年も無理かー。まあ確率的にしょうがないよな~。なんて思ってたら、突如前方から青い物体がお手玉されてこちらの方にきたわけです。
スッと手を差し出したら、手にはサインボールが。

やったぜ。

伊藤かりんさんからの贈り物でした。
大切にします。



終盤の生田さんのピアノとオーケストラの生演奏による『何度目の青空か?』『君の名は希望』これは本当に良かった。
ただでさえ歌詞が素晴らしいのに、そこに壮大な音が乗って、ますます感動的な曲になりました。

悲しみの忘れ方では、花火があがり、さらに雰囲気が高まったまま本編終了。

メンバーが想定していなんかったWアンコールまで行われたことからも、会場の盛り上がりがすごかったことがわかっていただけるかと思います。



乃木坂らしさ。

このキーワードが今回の全国ツアーの肝だったのでしょう。
ドキュメンタリーも公開され、姉妹グループの欅坂46が発表され、乃木坂46という存在の意義について考える機会も増えたのでしょう。
MCでもこの発言はよく聞きました。

思えば当初より「AKB48の公式ライバル」を前面に出すことは減りました。
それはそのようなラベルがなくとも乃木坂46が、ありのままで戦えるからなのでしょう。

では今の乃木坂らしさってなんだろう。
正直私にはわかりません。
そこまで現場に行っているわけでもない。

でも少なくとも、曲が素晴らしくて、メンバーが活き活きしてる。
漠然ではあるけれども、私はLIVE野中でそう感じました。



2日連続のライブとても楽しかったです。
正直、2日目のライブ明けの記憶はあまり残ってないのですがw

思い出したことあったらまた書きます。

では。

No comments:

Post a Comment