Sunday, January 24, 2016

「TDCで僕らは奇跡を見た」

この体の震えは、興奮によるものなのか。
はたまた、単なる悪寒なのか…。

今日はのどの痛みや咳があったので、早く寝て明日に備える予定でしたが、興奮が収まらず、今こうやってブログを書いております←




さて、AKB48グループのリクエストアワー2016でついに、ついに、ついにやりました!
奇跡は間に合わない1位!

みちゃ推しとして、そして宮澤チームS推しとして、思うところを少し書いてみることにします。



あれは2013年。
「奇跡は間に合うプロジェクト」という名前だったか。

佐江ちゃんが上海に行く…ということでこの曲に対する投票への熱が高まっていました。
私たちみちゃのファンも、みちゃが初めて公演のオリジナルメンバーとして参加した曲であり、そして佐江ちゃんと一緒にリクアワのステージで歌いたい!という本人の希望もあり、熱を以って票を投じたのを記憶しています。
珠理奈もK兼任後のはじめてのユニットであり、そういう趣旨で票を投じた人も多かったようです。
ツイッターでは投票を呼び掛ける多くの情報が飛び交い、それに呼応して私も少ないながらも投票を行ったのを覚えています。

そして2011年に33位、2012年に24位だったこの曲は一気に2位へと跳ね上がりました。


この時の3位が上からマリコ、そして1位が大場4の走れペンギン。
どの曲もメンバーそしてファンの強い思い入れがある曲ですし、パソコンの画面を見ながら(当時はYoutubeで生放送されていました)この3連続の登場にはとても興奮したのを覚えています。

宮澤佐江、という人は思いやりのある方です。
会場での佐江ちゃんコールに「違う、この曲は私だけのものじゃない。」
と言っていたことに私はさらに感動し、佐江ちゃんすげぇわと思ったのを今でも忘れられません。


2014年、6位。
昨年のようなインフレもないだろうしなぁと思いきやこの順位。
佐江ちゃんのファンの熱意には改めてビビりあがりました。
頬に順位を貼り付けるのも定番になってきました。


2015年、7位。
この年はみちゃの卒業、佐江ちゃんのSKEへの兼任ならびにチームSキャプテンへの就任などがありました。

卒業生ということでみちゃは出演せず、代わりに中西優香さんが出演をしていました。
にししもカッコよく踊っていて、この曲はこれからこうやって継承されていくんだろう…と少しさびしくもあり、少しうれしさも感じながら、結果を見たのを覚えています。

リクアワの直後、佐江ちゃんがみちゃにメールで報告をしてくれたそう。
こういうところも宮澤さんの素敵な部分が出ている気がします。


2016年。
みちゃのオリメンだからこの曲に投票する…というのはあまりに野暮なものです。
今年は佐江ちゃんに投票をする、という意味で奇跡に票を投げることにしました。

みちゃ卒業後、宮前杏実さん、そしてチームSにハマった私は、公演に行くにつれて佐江ちゃんの存在感をさらに知ることとなりました。
杏実ちゃんとの絡む中で、単にいじるいじられるの関係性だけではなく、いろいろなところを身を以って教えていた感じを見て取ることが出来ました。他にもいろいろあります。書こうと思えばいくらでも書けますが、今日はこのあたりでとどめておきます。
とにかくチームSに部外者としてきたはずの佐江ちゃんが、しっかり宮澤さんの魂、いやこれが初期チームKの魂なのかもしれませんが、その魂をもってチームをまとめていく姿はすごいなとただただ感心せざるを得ませんでした。

そんな宮澤さんが紅白歌合戦で卒業発表をしました。
前々から様々なところで卒業をほのめかしてはいましたが、やはり赤紙が来ると震えるものです。
今までの感謝の意を込めて「奇跡は間に合わない」に微力ながら投票することにしました。

そして、AKB単独では8位、そしてグループで1位 を獲得しました。
念願の1位と言っても良いのでしょう。
その事実だけで感動の涙が止まりません。

そして、なんとステージにみちゃが登場しているとの情報が。
「宮澤佐江、松井珠理奈、野中美郷」でパフォーマンスをしている!と。
ファッ?と驚くこの私。
昨日IWAにいたんでてっきり現れないと思い込んでいました。


どうも宮澤さんが運営に「この3人でやりたい!」と諮ってくれたそうですね。
1位だからこそ、変なメンバーを入れると荒れかねないという配慮があったのかもしれませんが、みちゃ推しとしては感謝以外の念が沸きません。(変なメンバーというのは表現に語弊がありますが、ある程度意味は察してください。)

みちゃを呼んでくれた佐江ちゃんに感謝しなきゃいけませんし、みちゃ登場に沸いてくれた客席にも改めて感謝です。感謝というとなんだかおこがましいですが、それぐらい当方もうれしかったのです。

この3人で「奇跡は間に合わない」をする機会はもうほとんどないはずです。
卒コンや旧K公演でもしかしたら?という感じではありますが、期待はしない方が良いでしょう。

本当は、欲を言わせてもらえるなら、米沢さんを含めたオリメン3人衆でのパフォーマンスももう一度見てみたいものですが、いろいろと闇の深い米沢さんですので、現実的には難しいのかもしれません。

とにかく今日はうれしかった。興奮させてもらいました。



いやはや。

佐江ちゃん、改めておめでとうございます!!

卒コン、当たるといいな。

No comments:

Post a Comment