Friday, February 12, 2016

02/11 唇にBe My Baby 全国握手会

もともと行く予定なんてなかったんです。
そもそも今日はもつ鍋を作る気満々で、スーパーで材料買いこんでたくらいですし。

前日に急に風向きが変わりましてねぇ。
チャンスをくれた皆さんに感謝しきりです。

それにしてもAKB48の全国握手会なんていつ以来だ?と思ったら、多分約2年ぶりでした。
みちゃの前で「アッ…アッ…」しか言えなかったあの握手会以来です。
その時と比較すると今ではかなりまともにコミュニケーション取れるようになったかな、とは自分では思っています。。。




09:50くらいに現地に着き、
10:50くらいに入場できました。

ミニライブの席は、真ん中よりすこし前側の区域だったんで、まあ悪くはないかなといった感じ。
ただ、これは後から気付くのですが、通路でメンバーが歌うことも多く、それを鑑みると通路寄りに陣取るのが正解だったなあと少し反省。

陣取ってすぐにトイレに行きますが、トイレレーン大混雑。
結局40分並びました。開演が遅れたのに救われました。
トイレのキャパが少なすぎるように感じたので、もう少し考えてほしかったですね。

あとここからは完全な愚痴になりますが、40分以上待つ私たちを尻目に、障害者ということを盾に運営スタッフを利用して多目的トイレを優先的に使おうとした挙句、結局本人が使ったのは小便器というありさま(すなわちそもそも障害者であるから優先的にという理由付けは全くの嘘)で、かつ「俺らも我慢できねえんだよちゃんと並べよ」とスタッフや本人に対する苛立ちの声もあった中で、ごめんなさいもすみませんもありがとうございますも何一言も言わず堂々と立ち去った、実に礼儀正しく、人間としてこの上なくすばらしい、真に尊敬すべき紳士がいらっしゃいました。私は「嗚呼!どうやったらこんなに心の強い人になれるのだろう!」と思わず感嘆の声と、ほかにもいろいろ漏らしそうになりました。
以上、クソみたいな余談につきあっていただき、ありがとうございました。

個握の時のように会場外のトイレも解放してくれるとありがたいなあと。あと、障害者が個室を優先して使うという論理もわからなくはないですが、それだと我々の尊厳にかかわる事態が生じかねないので、障害者用トイレも別途で設けてくれと。どっちも個握でやれてるんだから、全握でもやってくれなきゃ困りますよ、ホント…。

ミニライブが始まる…
と思いきやチーム8の3人(小田えりな、岡部麟、小栗有似)が登場。
話を聞くと、今回はファンの撮った映像が両脇のスクリーンに映るという。
あれ?撮影可なん?と思いきやそうではなく、事前に指定されたファン6人とメンバー2人が撮るもの。

ライブが始まり、しばらく様子は見ていました。ファン6人が撮ったものは正直全くもって意味がなかったような気がしますが、メンバー2人が撮った映像は画質は置いておいても面白く見られるものだったようには思います。(じゃあ次もやってほしいか?と言われると微妙ですが。)
踊っている姿を間近で見られるのもそうですが、ゆきりんのスカートをまゆゆが盗撮しようとするなどメンバー同士がふざけてる姿は面白かったですね。メンバー同士だからこそ引き出せる表情もあったように思います。
ただハロウィンナイトが終わった後のMC、着替えのための尺つなぎなんでしょうが、伊豆田さんと小笠原さんがカメラを持ちながらこの撮影企画についてグダグダやってたのは見ていて辛かったです。

チーム8の三人。正直名前と顔が一致しないし、キャッチフレーズも知らなくてなかなかノレなかったのが反省かなあ。
君好きが聞けたのはうれしかったなあ。あきちゃ卒業だもんなあ。
転がる石になれもなかなか熱い。KK卒業だし。
唇にBe My Babyはやっぱりフリが好き。手を後ろにやるポーズほんと好き。
ゆりあの誕生祝もしました。おめでとう。

ミニライブはそんな感じですかね。

その後君はメロディーのMV披露がありました。
そういえばOG出るんでしたね。忘れてました。
蜷川実花さんの演出って、実にわかりやすい。あのカラフルな色遣い。
とにかくさくらたんがかわいくて、OGの表情が楽しいMVだなあと。
見損なってるだけかもしれませんが、とくにポジションの悪いメンバーは、全く目立ってなかったような気がします。佐江ちゃんドコー?って感じ。

それからネ申テレビの予選みたいなことやってました。
バナナの重さ当て。
思いのほか面白かったです。

それが終わると、解散となり、順次握手になりました。



⑦レーン

まずは満開さん、タイらントさんと連番することに。
個人的に岡田奈々さんは小朝公演などで見ていてそのパフォーマンスに惹かれていたので、一度握っておきたかったというのもありました。

岡田奈々
⇒ミニライブでの365日の紙飛行機で、最初のソロパート(山本彩ポジ)をやってて歌声に感動したのでその話を。
⇒ニコニコして話してくれる姿も好感度上がるし、手の握り方が強烈だったのです。片手で握り、もう片方でそれを覆う感じ。うわぁすげぇ…ってなんだか感動すら覚えました。

川本紗矢
⇒はじめましてのご挨拶と、かわいいなあということを素直に伝える。
⇒正直話すネタがなくて申し訳なかったのに、そんなボクに良い表情で対応してくれて感謝してます。

小嶋真子
⇒時間がなくてはじめましてのご挨拶くらいしかできなかった。
⇒自分があまり話せなかったのもあるが、そもそも今日はおつかれモードだったのかな。


⑭レーン

せっかくならかよよん握っとく?という軽いスタンスで行きました。
今日行ったレーンでは一枚で一番長く話せました。コストパフォーマンス◎

達家真姫宝
⇒ツインテール可愛いねというお話を。
⇒普通に会話してくれて、ニコニコしてたんでびっくり。普段より頑張ってるとの話を聞いてびっくりするくらいには対応が良かった。

田北香世子
⇒誕生日が13日なので、一足早くおめでとうを言いました。最後に「この強い握りを楽しみにしていたんだよ」といったらさらに強く握ってくれました。
⇒やっぱり彼女の対応は凄い。最後まで目を離さないし、しっかり会話してくれる。

福岡聖菜
⇒さっきのかよよんとの話を聞いていたらしく、「強く握られるのが好きなの?私握力弱いからそんなに強く握れないけど頑張る…」と向こうから話を振られ仰天。完全にペースを握られたでござる。
⇒せいちゃんとの握手は正直あまり期待していなかったということもあって、こんなに積極的に来るのか!と非常に驚きました。こちらがビビるほどに体も前のめりで、握手頑張ってるなあと感心感心。


⑭レーン 2回目

2回も行くとは想像してなかった。。
それくらい3人とも対応が良すぎたので、予定を変更して2ループ目に入ることに。

達家真姫宝
⇒「今夜はお泊りでのたつまきちゃんのキャラが面白い」という話をしたところ「ありがとうございます」と言いながらも微妙な表情だったんで、「でも無理はしない程度にね」と最後に言いました。
⇒たとえ言葉に出せなくても、表情でリアクションしてくれるだけで嬉しいんですよね。コミュニケーションが取れてる気がして。

田北香世子
⇒公演でのパフォーマンスが好きということ、去年生誕祭に入れてもらったから今年も入りたい!ということを、言ったら「是非当ててね」とまた強く握られました。
⇒かよよんを握ったのは半年ぶりなんですが、そんなたまにしか来ないヲタクにもしっかり対応してくれるのは流石。

福岡聖菜
⇒せいちゃんの対応の良さにびっくりしてるという話をすると、「また来てくださいね」と覗き込まれるように言われ、無事死亡。こしょ、享年23。
⇒これを神対応と言わずしてなんというというレベル。かよよんも岡田奈々さんも素晴らしいのだけど、それが霞んでしまうレベルの強烈さだった…。


⑭レーン 3回目

まさかの3回目。
ダイソン並みの吸引力を誇るレーンがあるらしい…。
タイらントさんにこのレーンは素晴らしいとアピールしたところ、連番することに。

達家真姫宝
⇒上着を着ていたのですが、「SKE48」という字があったので聞きました。単にそこら辺にあるものを着たらたまたまSKEだったんだとか。
⇒たつまきちゃん、普通にかわいい(こなみ)

福岡聖菜
⇒冒頭に「また来てくれたんですねー」と言われ、無事死亡(本日二度目)。その理由について「せいちゃんに吸われちゃったんだよね」と気持ち悪い発言をしてしまった。。。
⇒2回目からはかなり時間を空けていったはずなのに、覚えてるもんなんすねえ…。レーン結構並んでていろんな人が来てるはずなのによく覚えられるもんだなあ。

田北香世子
⇒せいちゃんに記憶を飛ばされ、最終的に出た唯一の言葉「ごめん、言いたいこと忘れちゃった!」
⇒辛い。


⑱レーン

めぐ目的で並ぶ。
ネ申の撮影後にできたレーンの為、並んでる人もすごく多かった。。。

大和田南那
⇒「(ネ申で作ってた)ミルクレープ美味しそうだったね」と振ると少しの間ののち「おいしかったよ」と返事。
⇒塩対応ってのは聞いていたけれど、反応あったし、表情も悪くなかったので個人的には許容範囲かなとは思います。ただあれを塩と捉える人がいても全くおかしくはないです。

宮崎美穂
⇒さっきのなーにゃの話を聞いて「なーにゃあのケーキ食べてないじゃん!」と突っ込み始める。正論。ただそこからなーにゃのほうを向いて二人で話し始める。
⇒こっちを向いてくれないのは残念だったかなあ。まあツッコミが面白かったのでセーフでしょう。

谷口めぐ
⇒みゃおのやりとりに時間を食われ、めぐは秒で剥がされる。何も話せない。
⇒辛い…。

不運でしたw



なんといってもMVPはせいちゃん。


全握という短い時間で、あまり自分のことを知らない人に握手対応をよくするなんて、そんなに簡単にできることじゃないですし、こちらもそこまでは期待してないのですが、それを楽々と達成してくるあたり強いなと。

せいちゃんのせいで行けなくなったメンバーも多いですが、全く後悔はしてません!
⑭レーンという掘り出し物を見つけ、そこを全力で楽しめたので満足です!

いやしかし、3秒の対応だけで人が好きになったり嫌いになったりするんだから、握手って難しくて奥深いなあとつくづく思います。



最後に宣伝。
私と会った方には直接お願いさせていただいていますが、田北さんの生誕メッセージを募集しています。集める機会も少ないので田北さんを御存じの方、何卒ご協力のほどよろしくお願いします。
代筆フォームも準備しております。どうぞご利用ください。

No comments:

Post a Comment