Monday, February 29, 2016

02/21 唇にBe My Baby 個別握手会

前日から引き続いてのヲタ活というわけで。

今回の握手会は通常の握手だけではなく、フォトセッション・囲み取材というのもありまして、それにも参加することを決めました。




前日は杏実ちゃんがいましたが、この日は杏実ちゃんに会うためだけに来たようなもの。

本当は前日の全ツの感想などを言いたくて、握手したい人はいっぱいいたんですが、当日券は一枚も持っていなかった為に無理でした。

今のシステムだと、半年前から誰と握手したいかを決めなければいけないので、突発的に握手したくなってもできないというところが難点としてあると思います。
また、そんな人のための当日券制度も、今では第8次応募でしか応募してなくて、第3次応募までにほとんどのCD受注を終えてしまう自分にとっては、その日程を忘れてしまうことが多々あるんで個人的に困っていたりしています。

運営上難しい点もあるようですが、是非当日CDを買って、突発的にでも握手できるようにしてくれるようにしてほしいものです。

例えば各レーンの入口のところに発券機を置いて、既に買っていないメンバー1人につき1枚の握手券を当日購入することが出来る、なんてどうでしょう。事前に登録しているキャラアニとアカウントを連動させ、決済はクレカ限定、円盤は後日郵送とか。
各レーンに発券機を置いたらコストがかさみ過ぎるかな…。
でもまとめて一つの窓口で対応すると混乱しそうだしな…。

そう考えると、全握と違って、個握の場合はメンバーごとに買える量が決まってしまうからこそ、「当日の当日券」導入はやっぱり大変そうだなあと気付く。

文句だけ、要望だけ言うのは簡単なんですよね。



2部 宮前杏実①

こ (とりあえず杏実ちゃんを見つめる)
宮 (にっこり笑って手を差し出す)
こ 「こんにちは!今日の髪型好きだな。」
宮 (おっ、みたいな表情)
こ 「最近公演とかで髪型を変えたりしてるけど、いろいろ見れて嬉しいよ。」
宮 「ほんとー? 頑張るねー。」
こ 「楽しみにしてる。」



髪型は上を見ればあらかたわかるでしょうか?
女性の髪型なんてロングかショートかツインテールかくらいしかわからなかった私ですが、杏実ちゃんのいろいろな髪型を見るようになって、自分の好みがだんだんわかるようになってきた気がします。

それにしても最初の迎えてくれる感じ、これを握手するたびにやってくれるのですが、これがたまらなく嬉しいんですよねー。


2部 宮前杏実②

こ 「最近いろんな公演を見るようになって思ったんだけどさー、杏実ちゃんの目撃者公演見てみたいなーって思ってて」
宮 「へぇー」
こ 「踊りもカッコいいしさ、」
宮 「うん」
こ 「うまく説明できないやw まあ個人的な願望だからw また次の部にw」

失敗しました←
こういうのは語ると長くなるから、握手会でするもんじゃないですね。


3部 宮前杏実①

こ 「特技ないって言ってたじゃん」
宮 「そうだね」
こ 「メイクとか特技にすればいいじゃん。最近慈子にもいろいろやってたし。」
宮 「あー、そっかー?」



慈子のメイクの件ってこれですね。

単に受け流されたのか、それとも真面目に納得していたのか。
後者であると信じたいけど、まあ前者かな←

隣の江籠ちゃんレーンが空いていて、こっちに手を振ってくれていました。
チョロいヲタクなので当日券あったら多分行ってましたね。


3部 宮前杏実②

(将来のことについて少し。内容は省かせていただきます。)

宮前さんに関しては、握手のスタンスが「スポンジ型」だと勝手に思っているので、しっかり話を聞いてくれるかわりに、こちらが振らない限りレスポンスは少ないというスタイルだと思っています。(慣れてきたり、まとめ出しだと話は変わるんでしょうが、生憎私はそこまで経験できていません。)

それに慣れれば宮前さんとの握手も楽しくできるだろうとは思いますが、それに慣れずにいわゆる「神対応」的な積極的にネタを提供し、積極的に釣ってくれることを期待すると、期待を裏切られてしまうのだと思います。

かくいう私も正直言って、まだ杏実ちゃんと歯車合わないなーなんて思うことが多々あるんで、もうちょっと頑張って杏実ちゃんに会うような握手スタイルを磨いていかなくてはいけないなあなんて思ったりもしています。(握手会ってそんなこっちも努力するもんだっけ?)


5部 上村亜柚香

こ 「はじめましてー」
上 「…!?」
こ 「いや、はじめてだy」
上 「ほんとー!?」
こ 「そ、そうだy」
(剥がし)
こ 「あ、そうそう、研究生公演そろそろ見に行きたいと思ってるんだけどさー、おすすめどこ?」 
上 「えーっ、わかんない!」
こ 「そっかー、じゃあおすすめ探しに行くね。」



握手終わって気付く。
あ!?あーちゃん、握手行ったことあった!!
記憶喪失してたけど、11月の全握で行ってました。

大反省。
大失策。
嘘ついてしまったことに罪悪感を覚え、次のSKEのシングルでもう一度取ろうと決意した次第…。


もう一つ。

満開さんのブログにもありましたが、隣のレーンに並んでいる(というか過疎っていたのでどちらかというと立ち止まっている)ヲタクがずっとあーちゃんに話しかけまくってて、あーちゃんもずっとそのヲタクを向いて話してるもんだから、握手に行くタイミングがいまいち掴めませんでした。

確かに亜柚香ちゃんとの握手をしているときも、割と粘ったもん勝ちみたいなところがあって、私も後ろに並んでいるヲタクがいなかったため、剥がされた後に荷物を取る部分まで下がってからもめちゃくちゃ話すことが出来ました。

経費削減が叫ばれていて、確かにスタッフの数が減ったからこそ、こういうことが起こるんでしょうが、こういう時こそヲタクのモラルというか、良心が試されるような気がしてなりません。


フォトセッション・囲み取材

入り順は抽選で決まるらしいと。


70かー、微妙だなー。
と思いきや、空き番が結構あり、実は案外よかった模様。
結局前から3列目の座席に座りました。

はじめはフォトセッション。
3人が入場し、上手、中央、下手の順に向いていくそう。

ヒキで撮り始めたのですが、どうしても前の人のスマホが被ってしまう。


なのでヨリで撮ってみましたが、スマホのせいか、それにつけてるカメラのレンズシートのせいか、画質がよろしくない。


りおん、俺だ!


熊ちゃん、俺だ!!


杏実ちゃん、俺だ!!!!!こっち向いて!!!!!


始終ミヤマリオンはいちゃいちゃし、熊ちゃんが孤立する展開となっていました←

あっというまにフォトセッションも終了。
そして囲み取材に。
録音できるというので、スマホを操作し、準備完了っと。

気の利いた質問が思い浮かばず私は挙手できませんでした。
内容は、3人で旅行に行くならどこ?という話や、3人共に出ていたSKE48版AKB49の合宿所の話でした。
合宿所の話は、もともと右隣の人の直してほしい点を言う、みたいな質問だったのになぜか2人の矛先が杏実ちゃんに向かっていたのには笑いました。曰く、「宮前は一切掃除をしない」「宮前は風呂に浸かりながらカレーを食べる」。
馬鹿と天才は紙一重、というか、人とは違った発想をする杏実ちゃんには改めて畏敬の念を現さざるを得ません(?)

さて、そんなこんなで話も盛り上がり、囲み取材も早々に終わってしまいました。
録音できたかなーと思ってスマホを確認する。あれ…録音できてない…?
どうやら録音ボタンではなく、過去に録音したものの再生ボタンを押していたらしい。

教訓。
普段慣れていないアプリを使うときは一度リハーサルをして本番に臨みましょう。



フォトセッション後、前日から溜まっていた疲労と、それにいろいろな個人的な事情が合わさってへとへとになってしまいました。

普段は握手後にヲタ仲間と飲んで話すのが好きなんですが、今回はすぐに帰ることにしました。
SKEのみんなほうが二回公演に握手に疲れてるぞ!という弄りをうけて、「あー、確かにそうなんだよなあ。自分って体力なさすぎだろ~」と思わされました。

体力ないとすぐに顔に出てしまったり、性格が荒ぶったりするタイプの人間なので、私にはアイドルは絶対無理です。
アイドルのみんなって凄いなあとしみじみ思います。

No comments:

Post a Comment