Friday, August 18, 2017

アイドルは結局顔、という話。

お久しぶりです。
西村菜那子生誕に無事外れましたが、なんとか生きています、こしょです。

今日、初めてHKT48劇場に入って冷静な目で公演を見て思ったこと。アイドルは結局、顔が大事。

誤解されたくないのは、顔が可愛ければそれだけで大正義とか、顔がタイプならそれでOK、というニュアンスではないということです。(もちろんタイプかどうかって推しメンを決める上で重要な要素であることは否定しません。)

その人の公演、ひいては仕事に対する姿勢が、顔で分かるよ、という話です。

表現力が良い人。これはいい顔をしている。全身で表現してるからこそ顔にもちゃんと現れてる。見応えのあるパフォーマンスしてるなと思って応援したくなる。

不器用だけど一生懸命頑張ってる人。これもいい顔をしている。全然表情に余裕がなくても、必死に努力してる感が胸を打つから応援したくなる。

素敵な笑顔を炸裂させる人。これは最早天性のスキルだと思うけど、笑顔一つでコロッと落ちるヲタクがどれだけいることか。

一方、気が抜けてることがわかるのも顔の表情だったりして、推しですら「いま絶対別のこと考えてたやん」みたいなところがあって気が萎える時もある。

結局TPOというものがあるので、いつも必死こいて表現し続けろとは決して思ってはいないです。時にはレス送らないといけないし、時にはメンバー間でふざけてる姿を見るのが楽しかったりもするし。

つまるところ、全力出すべきところで全力を出して、力を抜いてもいいところで素晴らしい脱力を見せるメンバーの表情ってすごく素敵に見えちゃうので、つい応援したくなるというお話でございます。

スキルも大事だけど、結局マインドセット。
そしてマインドセットは顔でバレる。
仕事で人事によく言われてることなんだけどね。

p.s.
今日の公演。
素敵な顔を見せてくれたメンバーが少なかったなぁとちょっと残念でした。
坂口理子さんと今村麻莉愛さんは素晴らしかったです。

No comments:

Post a Comment